メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

OPP袋の特徴

仕事でビニール封筒を利用しているところも多いと思いますが、ビニール封筒にはOPP袋と呼ばれるものがあり、OPPとはOriented Polypropylene(オリエンテッドポリプロピレン)の略で、日本語では延伸ポリプロピレンと呼ばれているものです。


OPP袋にはとても透明度が高いという特徴があり、そのため袋の中に入れた商品をそのまま伝えることができることになり、消費者に購買意欲を与えることができるようになります。


またOPP袋には衝撃に強いというメリットがあり、中に入れた商品をしっかりと保護することができるようになっています。




その他にもOPP袋はプラスティックのフィルムのため、水を通さないという特徴があるため、雨に濡れても中の商品を汚れから守ることができ、さらに防湿性も高いため、それを活かして商品以外にもホテルのアメニティグッズを入れる袋などとしても幅広く利用されています。


またOPP袋には塩素を含んでいないため、ポリ塩化ビニールのようにゴミ焼却時にダイオキシンを発生させないという大きなメリットがあります。


OPP袋にはそれ自体に印刷ができることも大きなメリットで、商品をアピールするためにいろいろな文字やデザインをそこに入れることができるようになっていて、OPP袋全体に色を付けることもできるようになっているので、お洒落なパッケージとして活用することもできるようになっています。

このようにOPP袋には数多くの特徴やメリットがあります。