メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

防湿性や防水性に優れた特徴

透明なビニール封筒がいろいろな業界で活躍していますが、一般的にビニール封筒と言えば、OPP袋かCPP袋のことを指します。


これらはビニール封筒の他にも、フィルム封筒やDM封筒やクリスタルパックなどいろいろな呼び方をされますが、基本的には全て同じ商品で、いずれも防湿性や防水性にとても優れているのが特徴となっています。


OPP袋とは、ポリプロピレンを縦横二方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもののことで、OPP袋は伸ばされた状態で作られているため、引っ張ってもそれ以上伸びることがなく、パリッとした材質となっていて、それに対してCPP袋は、OPP袋に比べて柔らかい手触りとなっていて、強度も強く引っ張ると伸びるのが特徴となっています。


CPP袋はOPP袋と比較すれば、若干透明度が落ちますが、中に入れたものははっきりと見えます。




OPP袋もCPP袋もダイレクトメールを入れて送るのにとても適していて、中身がしっかりと見えるということにより、開封率は紙の封筒に入れるよりも格段にアップすることにいなります。


さらにンビニール袋は雨水に強いということで、中身を濡らしてしまう心配もないという大きなメリットがあります。


ビニール袋にはいろいろなサイズが販売されていますが、よく利用されているのはA4サイズと長3サイズのもので、その他にも角0や角1やB5やはがきサイズなど既製品にも数多くの種類のものが用意されています。


ビニール袋を選ぶ時には、大きさの他にも厚みが重要で、厚みが増すほど強度も高級感も増すことになります。


しかしどうしても厚みが増すと値段も高くなってしまうので、そのことを考えて使用する袋を選ぶようにしなければいけません。