メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

OPP袋とCPP袋の違い

透明封筒にはいろいろな便利な使い方がありますが、透明封筒には2つの種類があり、それはOPP袋とCPP袋と呼ばれるものです。


OPP袋とは正式名称がOriented Polypropyleneで、日本語では2軸延伸ポリプロピレンになります。


その特徴は透明度が高く光沢に優れており、腰があって引っ張る力に対して強さがあり、防湿性が高いため、高湿度環境下でも安定した強さを持っています。


その反面ヒートシール性は弱く、冷温環境下では強度が落ちるというデメリットもあります。


またノッチから引っ張った場合は裂けやすいという特徴があり、水を通さないという特性はあるけれども、中に液体や粉末を入れて販売するのは不向きとされています。




これに対してCPP袋は、OPP袋に比べると透明度は劣りますが、OPP袋よりも柔らかく、OPP袋よりも伸びるという特性があり、引き裂く力に強いというメリットもあります。


また耐熱性も130以上と高く、ヒートシール性があるけれども寒冷地では強度が落ちるというデメリットもあります。


これらのことを踏まえて、OPP袋は抜群の透明度や光沢性を活かして、CDなどのジャケットやカードゲーム用の保管袋として利用されていて、その他にもいろいろな商品を入れる袋として多用されています。


またCPP袋は伸びやすいという特徴を活かして、衣類を入れて販売する袋や、ダイレクトメールを入れるパッケージなどいろいろな用途に使用されています。


これからビニール封筒を使うことを考えている人は、OPP袋とCPP袋の特徴を考えていずれかを使用するようにしましょう。