メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒・ビニール封筒の使い方

最近では透明なビニール封筒を使う機会が多くなっていて、その需要がかなり高まってきています。

ビニール封筒は、日常生活の中でもいろいろなものに利用されていて、食品を小分けにしたり保存するためにも毎日のように利用されていて、贈り物を入れる袋としても便利に使われています。


そんな透明封筒の素材は大きく分けると2つの種類に分類することができ、その1つがOPP袋で、もう1つがCPP袋です。

OPPというのはOriented Polypropyleneの略で、日本語では二軸延伸ポリプロピレンという意味となり、これは縦横に伸ばして熱で固定したフィルムであるため、引っ張る力に対して強くなっています。

これに対してCPPとは、Cast Polypropyleneの略で、日本語では無軸延伸ポリプロピレンという意味で、ポリプロピレン材を伸ばさないで成型したフィルムとなっているため、引っ張れば伸びるという特徴を持っている丈夫な袋です。

OPP袋もCPP袋も塩素を含んでいないというのが特徴でもあり、ごみ焼却時にダイオキシンを出さないという大きなメリットがあります。


ビニール封筒を利用することにより、その他にもいろいろなメリットが生まれることになりますが、ビニール封筒は当然透明度が高いため、商品をそのままの見た目で伝えることができることになります。

透明の袋でなければ商品を梱包した時に中身が見えなくなってしまうため、消費者の購買意欲を高めることができませんが、透明の袋だと購買意欲を高められて、商品の売り上げをアップさせることができるようになります。

またビニール封筒は水を通さないため、紙製の袋と違って雨や雪の日など天候を問わずに便利に使用することができます。

したがって屋外で商品を販売する時にはかなり便利に利用することができます!

またビニール封筒は耐熱性にも優れていて、多少引っ張っても強度があるため、いろいろな人たちが触ったとしても商品を守ることができます。

さらにビニール封筒は紙の封筒と同様に表面に印刷することもできるようになっているので、それぞれの商品のイメージにあったデザインを施すことができ、ビニールでもお洒落な演出をすることができるようになっています。

このようにビニール封筒にはいろいろなメリットがあるため、工夫をして利用すれば大きな利益をもたらしてくれることになります!


OPP袋の特徴

仕事でビニール封筒を利用しているところも多いと思いますが、ビニール封筒にはOPP袋と呼ばれるものがあり、OPPとはOriented Polypropylene(オリエンテッドポリプロピレン)の略で、日本語では延伸ポリプロピレンと呼ばれているものです。


OPP袋にはとても透明度が高いという特徴があり、そのため袋の中に入れた商品をそのまま伝えることができることになり、消費者に購買意欲を与えることができるようになります。

またOPP袋には衝撃に強いというメリットがあり、中に入れた商品をしっかりと保護することができるようになっています。続きを読む…


透明封筒・ビニール封筒を利用する様々なメリット

最近では透明のビニール封筒が利用される機会が非常に多くなっていますが、ビニール封筒はダイレクトメールを入れて送るのにも多用されていて、ダイレクトメールを入れる袋としてビニール封筒を利用することにはいろいろなメリットがあります。


紙の封筒にダイレクトメールを入れてしまうと、一見して何が入っているか分からないため、中身をあけないまま捨てられてしまう可能性が高くなりますが、透明の袋を利用すれば、中身をすぐに確認できることになるため、何も見ないまま捨てられてしまうことはなくなります。

本来は捨てられていたはずのものが捨てられないということは、購買意欲を高めることにもつながり、それを利用した企業の売上を高めることができることになります。続きを読む…


OPP袋とCPP袋の違い

透明封筒にはいろいろな便利な使い方がありますが、透明封筒には2つの種類があり、それはOPP袋とCPP袋と呼ばれるものです。

OPP袋とは正式名称がOriented Polypropyleneで、日本語では2軸延伸ポリプロピレンになります。


その特徴は透明度が高く光沢に優れており、腰があって引っ張る力に対して強さがあり、防湿性が高いため、高湿度環境下でも安定した強さを持っています。

その反面ヒートシール性は弱く、冷温環境下では強度が落ちるというデメリットもあります。

またノッチから引っ張った場合は裂けやすいという特徴があり、水を通さないという特性はあるけれども、中に液体や粉末を入れて販売するのは不向きとされています。続きを読む…


ビニール封筒の種類について

ビニール封筒はどれも同じと思っている人も多いと思いますが、ビニール封筒を呼ばれているものには大きく分けると2つの種類があります。それはOPP袋とCPP袋と呼ばれているもので、それらの違いは、封筒に使われているビニールの種類となっています。


OPP袋とCPP袋は製造方法も違うため、それぞれに異なった特徴があるので、それを理解した上で、どちらを採用するかを決めるようにしましょう。続きを読む…


透明封筒・ビニール封筒の良いところ

通販で商品を買う人が増えていますが、自宅に通販会社からカタログが届く時に、一目でそれだと分かるのはカタログが透明な袋に入っているからです。


この透明の袋にはいろいろな呼び方があり、一般的にビニール封筒や透明封筒と呼んでいる人が多いと思いますが、その他にもPP封筒やクリア封筒やプラ封筒などとなっています。続きを読む…


防湿性や防水性に優れた特徴

透明なビニール封筒がいろいろな業界で活躍していますが、一般的にビニール封筒と言えば、OPP袋かCPP袋のことを指します。

これらはビニール封筒の他にも、フィルム封筒やDM封筒やクリスタルパックなどいろいろな呼び方をされますが、基本的には全て同じ商品で、いずれも防湿性や防水性にとても優れているのが特徴となっています。


OPP袋とは、ポリプロピレンを縦横二方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもののことで、OPP袋は伸ばされた状態で作られているため、引っ張ってもそれ以上伸びることがなく、パリッとした材質となっていて、それに対してCPP袋は、OPP袋に比べて柔らかい手触りとなっていて、強度も強く引っ張ると伸びるのが特徴となっています。

CPP袋はOPP袋と比較すれば、若干透明度が落ちますが、中に入れたものははっきりと見えます。続きを読む…